エアコンの室外機にはなぜフィルターがない

エアコンの室外機にはなぜフィルターがないの?

みなさんエアコンの室内機は気にされる方が多いと思いますが、エアコンは室内機と室外機がセットなんです。
実は室内機と室外機は役割は、ほぼ同じで冷房中は室内機で冷風を出し、室外機から温風が出ます。
暖房はその逆で、冷房と暖房の違いは中に充填されている冷媒(れいばい)つまりフロンガスの流れを
変えているだけなんです。

で、何か疑問感じませんか?
室内機にはフィルターが取り付けられていて、汚れるとエアコン洗浄をしたりします。
つまり、室内機は使われる方が何等かのメンテナンスをする事が想定されていますが、室外機のメンテナンス
てないですよね?

なぜだと思います?
室外機は通常屋外に設置され雨風にさらされても壊れない構造です。
この雨風がポイントで室内機にも室外機にも熱交換をするアルミフィン(車で言うとラジエーターのようなもの)が
あるのですが、室外機は雨でアルミフィンについた埃を流しているんです。
だから、室外機にはフィルターが無いのです。

以前お客様で「ウチはエアコンの室外機を屋根の下に置いてあるからきれいに使っているんだよ」と
おっしゃっていたお客様がいらっしゃいました。

でも、この使い方では雨風が当たらず室外機裏の熱交換器は埃で汚れてしまいます。
もし、軒下や屋根付きガレージに室外機が設置されている方いらっしゃいましたら、一度室外機の裏を見て下さい。

クモの巣や虫の死骸、土埃、ワタ埃がついていませんか?
大きな汚れは、ホウキで軽く払ったり掃除機で吸ってみて下さい。
細かな汚れはホースで熱交換器部分を水洗いしてみて下さい。
エアコンの効きが良くなる事もありますよ。

もちろん、エヌ・ティ・アドバンスでは室内機も室外機も洗浄対応やってます。
ぜひお電話を!