エアコンの上手な使い方ってどんな感じ (暖房編)

エアコンの上手な使い方ってどんな感じ?(暖房編)

冷房設定温度28℃、暖房設定温度20℃
男の人は夏「これじゃ暑いよ」、女の人は冬「これじゃ寒いよ」って思っていませんか?
ここから、暖房編ですよ。(冷房編を先に見て下さいね)

冬になると、職場の女子たちが「さむっ!」「さむっ!」とよく言っています。
暖房設定温度がどんどん上がり「25℃」まで上げても「さむっ!」とか言っていませんか?
実は、空気の温度は高いと上に上がり、低いと下に下がります。
熱気球は、気球の中をバーナ(炎)で温めて上昇します。(めっちゃ上がるじゃん!)

でエアコンの制御って機種や設定でいろいろあるんですが、主流は室内機のフィルター付近に
ある温度センサーで吸い込んだ室内温度を検知して制御するんです。
設定温度が20℃で吸い込んだ空気の温度(室温)が20℃なら、ほぼ停止(待機)状態なんです。
でも、エアコンって天井に近いところに設置されていますよね?
天井の高さが2.5mであれば、この高さの中で暖かい空気は天井付近に上昇し、冷たい空気は足元に下降します。
って事は、いつまでたっても温風が出ず、足元は寒い状態なんですね。

この回避方法は、サーキュレーターや扇風機をできるだけ床に近い場所に置いて天井に向けて運転
して下さい。
ポイントは部屋全体の空気がかき回されるように、天井付近の壁に向けるのも良いと思います。
室内温度が均一になり、改善されてくると思いますよ。

もう1つは湿度です。
冷房編では、暑い時は湿度が下がると体感温度も下がるお話をしましたが、寒い時は
湿度を上げてもらうと体感温度が上がります。
そう、サウナに入ると室内温度って90℃前後ですよね。
この温度のお湯を被ったら大火傷です。
でも、湿度が低いから火傷しないんですね。
ロウリュウって知ってます?
サウナのヒーター部分に水をかけるんですが「じゅわ~」っとあっと言う間に水が蒸発します。
すると、めちゃくちゃ室内が暑くなるんです。

冬の期間は湿度が30%以下になる事もよくあり、カラカラです。
加湿器を併用すると、空気もしっとりしてお肌にも優しいですよ。
湿度50%程度で空気中に浮遊しているウイルスも浮遊しなくなると言われていますし、
静電気発生の防止もできます。

ただし、加湿すると外気との温度差で窓や窓枠に結露が発生しやすくなります。
結露はカビの原因となりますので、注意してくださいね。

程よい湿度と温度で快適な冬を感じて楽しみましょう。

エアコンや空調のお困りごとは是非エヌ・ティ・アドバンスまで!